見てくれを取るか実利を取るか

ニュース一覧

中古厨房機器の購入の際に考えたいメリットとデメリット

飲食業を行うのにあたって、調理器具や冷蔵庫、シンクなどの厨房機器は絶対に必要なものです。しかし、厨房機器を新品で揃えるとなると多額の費用が必要となり、経営に大きな影響を与えてしまう可能性があります。そこで、考えられるのは中古厨房機器の購入ですが、中古厨房機器の購入にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まず、中古厨房機器のメリットとしては第一に価格が安いことがあげられます。他にも、現品の販売であることから販売をしていれば基本的には在庫があり購入後すぐに発送してもらえるといった点や、既に生産が終了したものも販売していることもメリットです。しかし、それらのメリットと引き換えに中古であることからどうしても故障のリスクが高かったり、壊れてしまった際に保証が効かない、生産終了品については部品がなく修理が出来ない可能性があるといった欠点もあります。また、使用感があることから新しくて綺麗な店舗の風景には馴染まないで浮いてしまうといった懸念もあります。ただしこの点については古い建物の場合、使用感があることがメリットになる場合もあります。

このように、中古厨房機器を購入する際は様々なメリットやデメリットがあり、それらを踏まえて購入することが必要となります。また、故障のリスクを減らしたり万が一の時は修理してもらえるように、なるべく技術力のある専門業者から購入するのがよいでしょう。

実利をとるなら通販サイトで中古厨房機器を手軽に購入

店舗の経営において最も費用がかかるのが店舗となる場所や家賃、設備や備品などを含めたオープンまでの初期費用です。とくに飲食店は業務用の冷蔵庫から専門の調理器具、また扱う食材や提供する料理によってそのための設備が必要になります。限られた予算の中で必要な設備を整えるたいのであれば中古厨房機器を利用するという考え方もあります。
業務用の機器は使用する人も限られてくるため中古であっても状態が良いものも少なくありません。もちろん新品で購入するよりも低価格で用意することができるため、こちらのニーズと性能がマッチすれば新品にこだわる必要はないのです。中古厨房機器を手に入れるためには専門業者が経営しているお店などを探すのがベターで、より規模の大きい会社を選ぶことで信頼性も高まります。
全国規模の業者であればサイトから通販で購入することができるお店もあるので、その場で品ぞろえや商品の状態などを確認し、購入することも可能です。ネット注文であれば購入した商品を指定した場所まで配送してくれるほか、購入金額によっては送料が無料になるところもあるため、大型の商品が多い厨房機器を購入する場合には利用価値が高いサービスといえます。

TOP