中古厨房機器であらゆるコスト削減を!

ニュース一覧

中古厨房機器を購入するメリットは固定資産税の抑制にあり

飲食店をオープンする際、厨房機器への投資費用が発生します。ですが、中古厨房機器を購入することで、投資費用を抑えられるメリットがあり、限られた資金での開業に大きく寄与します。しかし、中古厨房機器を購入するメリットは、投資費用の抑制だけではありません。

店舗自体を自身もしくは自社での所有、もしくは賃貸に限らず、設備には固定資産税が掛かります。新品の厨房機器を購入した場合、法令耐用年数が適用され、高い固定資産税が毎年発生します。ですが、中古厨房機器を購入すれば、法令耐用年数ではなく、『あと何年使用できるか』といった計算となり、固定資産税を抑えることも可能です。結果として、購入費用以外に掛かるコストを削減できることも中古厨房機器のメリットとなります。

しかし、固定資産税を抑えたいという場合は、中古厨房機器を取り扱いする専門業者が、製造年月日を把握している、買取年月日を把握しているといった情報も重要です。そのため、中古厨房機器の取り扱い専門業者が、必要な情報を把握しているかどうか確認し、購入することをおすすめします。厨房機器の中には、水回り設備など長期に亘って使用できるものも少なくはありません。ステンレス製の水回り設備や調理台を購入する際は、固定資産税の節約も念頭に入れましょう。

中古厨房機器の機能性を重視するならキズが多いものを!

中古厨房機器を購入するメリットは、新品に比べると販売価格が非常に安い上、実物販売になることから納期も短い点にあります。飲食店の開店資金が限られ、少しでも投資費用を抑えたいというオーナーにとって、中古厨房機器を選ぶことはおすすめです。

しかし、専門業者から中古厨房機器を購入する費用をより抑えたいというオーナーの方は、厨房機器の機能性を重視し、外観は多少妥協するというのが重要です。中古厨房機器は、傷や汚れが目立つほど、販売価格は安くなる傾向にあります。汚れは衛生面での不安はあるものの、鉄工所での研磨処理により汚れを除去することも可能です。また、傷であれば実用性に問題が無いものも多く、傷が目立つものを敢えて選択することで大幅に購入費用を抑えることが可能です。

傷自体は、店舗で使用する際、お客さんに目の目の届く場所に無く、使用する側が多少の妥協で済みます。さらに、使用する期間が長くなるほど、元の傷はどんどん目立たなくなるため、最終的には傷があっても問題は無くなります。少しでも購入費用を抑えたいという場合は、傷アリのものを選択するのも中古厨房機器を購入する際の極意となります。擦れ傷やステンレス光沢が失われたものなら、使用する上で基本的には気にならなくなります。

木枠梱包費は¥15,000~30,000かかります もちろんネット通販だけでなく弊社に来て頂き直接商品をご覧いただくことも可能です! 当社の商品は厨房機器全てが主力商品でございます!冷えモノ熱調理機器なんでもござれ! 関東圏は配送だけでなく搬入設置も可能!納品場所の搬入経路等の下見は無料でやらせて頂きます! 中古厨房機器の買取なら山下厨機株式会社がオススメ

トピックス

中古の不安は専門業者が難なく解決

機械いじりが苦手!でも専門業者なら? 飲食店の開店資金を節約する方法として、中古厨房機器を用いることは大きな効果があります。業務用厨房機器は、特殊なものが多く需要も少ないことから…

見てくれを取るか実利を取るか

中古厨房機器の購入の際に考えたいメリットとデメリット 飲食業を行うのにあたって、調理器具や冷蔵庫、シンクなどの厨房機器は絶対に必要なものです。しかし、厨房機器を新品で揃えるとなる…

中古厨房機器ならではの楽しみ方

製造販売が中止された厨房機器も手に入る! 厨房機器自体は新しいものがリリースされ、選択肢は広いものの、それを設置する店舗すなわち箱物には制約があります。店舗の面積や形状に対して、…

厨房機器を中古にするメリット

中古厨房機器が倉庫にズラリ!掘出物も見つけ易い! 中古厨房機器は、新品に比べ販売価格が安いこと、既に販売が中止されてしまったもの、特注品で自身の店舗スペースに収まるものを見つける…

TOP